大観音寺

七福神霊場
招福恵比寿天

商売繁盛・五穀豊穣・大漁守護 福徳を招く神

俗に「えびす顔」といわれ福々しさの代名詞で知られる福徳を招き入れる神さま。
手に持たれた、つりざおと鯛は、"めでたい"ことをすべてつり上げられ、参詣の
人々にその徳を分け与えて下さることを示しておられます。
そのために、信仰される対象も巾広く、商家の方々は商売繁盛の神としてお祀りをし、
漁業の人々は海運守護や大漁を祈願し、また農業の人々は五穀豊穣を祈願し、
一般の 人々は、財運や福徳をもたらす縁起神として人気があります。

区切り線
開運大黒天

出世開運・財運招福・商売繁盛 開運の守り神

一般に「えびす、大黒」といわれるように、恵比寿天と並んで七福神の中で最も
親しまれている代表的な福の神。
大黒天のお姿は、足に米俵をふまえ、手にした打出の小槌を振れば、財寶が
出てきて、一切貧窮無福の衆生に大福徳を与え生命を養い物心の価値を意の
ままに生み出す有難い福神です。
世に「大黒柱」といえば、家の中心となる大きな柱を指し、一家を支える屋台骨の
中心となるところから、一国あるいは、一家を背負って立つ中心人物を意味する
言葉として知られるように、大黒さまは、まさに、家の守り神であります。

区切り線
厄除毘沙門天

家内安全・夫婦和合 隆魔厄除の守護神

財福神として 福神中随一とされている毘沙門天は仏教では、四天王の一人で、
仏法を守護し、悪敵を降伏し、福徳の守護神として知られています。
身には、七寶荘厳の甲冑を着け、手には寶塔を持たれています。
金色の甲冑は悪魔を除くためで、寶塔は広大な功徳をおさめていることを表わ
しています。
かつて、唐の玄宗皇帝は、敵と対戦したとき、毘沙門天に祈願したところ、金色の
鼠があらわれて、敵兵の弓弦を咬み切って敵を潰走せしめたことにより、武道の
神としても信仰されています。
このことからも、敵や悪魔、厄災から身を守り、家庭の安全と平和を守る神として
信仰されています。

区切り線
学徳辯財天

学徳成就・諸芸上達・財運 福徳施与の女神

辯財天は、七福神中紅一点の美しい女神であります。
なまめかしい御姿で手に琵琶をかなでられています。
身も心もなごまされ人々に幸福をもたらされることを意味されておりますが本来は、
水の神さまであります。
水の流れる音が、音楽を意味し、人々の生活に生きる水が智慧を象徴し、智慧や
技芸、才能を伸ばす守護神として信仰されるようになりました。
辯=弁は、弁舌の才を表わし智慧や学問を代表します。
また、財は財寶を意味し、福徳施与の福神として多くの人々に親しまれています。

区切り線
財運福禄寿

財運招福・延命長寿 智慧と立身出世をもたらす福の神

福禄寿は、美しい髭をたくわえ、手に経巻と寶珠を持たれ、身辺に長寿の瑞兆鶴と
亀を従がえておられる。
福は幸福、禄は財産、寿は長寿を意味し、福・禄・寿の三徳を具備されている縁起神。
手に持たれた経巻には人の寿命が記されており、延命の徳を与えられるといわれ、
寶珠は、財を授け、智慧と立身出世をもたらすとされています。
一般に、智慧の福禄寿といわれておりますが、実は財運招福の守護神です。
福も禄も寿も天から与えられる幸いであり、これこそが大きな財産です。
また、財産を得る唯一の道こそ正しい智慧に外なりません。

区切り線
延命寿老人

延命長寿・家庭円満・福徳 智慧を授ける福の神

七福神中第一の長命の神。
白髭をたくわえた老翁の姿で手に杖を持ち、杖を一ふりすれば千年長生きできると
いわれ延命長寿福徳を授ける縁起神として親しまれています。
また、長くとがった頭は、智慧が満ち満ちているといわれ、智慧の神でもあります。
ほほえみをたたえられたそのまなざしで、わたくしたちが智慧と長寿に恵まれるよう
見守って下さっているのです。

区切り線
福徳布袋尊

家庭円満・先客万来・商売繁盛 福徳をもたらす神

七福神中、最もユーモラスで、福々しい神さま。
布袋尊はまた、七福神中、唯一の史上の人物でもあります。
中国後梁の高僧で、定応大師と号し、常に、半裸で、便々たる腹をし、大きな袋を
背負い、手に団扇を持ち、諸所を転々とされ、貧しい人々に施しを与えられたので、
弥靭菩薩の化身といわれました。
その福徳円満の相が喜ばれ、家庭や、商家の方々に巾広く信仰されています。
何でも聞こえる大きな耳。
イヤなこと、つまらぬことは、手にした団扇で吹き飛ばしてしまいます。
いつも笑顔で清らかな心は、円満さをたたえた大きなお腹に象徴されています。
財寶のつまった大きな袋こそ、人々に分け与えられる度量の徳を示されているのです。